私たちは、微細藻類をキーワードとして、DHAの生産技術をターゲットに据え、技術開発をしています。

藻類由来の高品質DHAの生産技術開発

藻類由来の高品質DHAの生産技術開発私たちは、パームオイルの副産物を栄養源として、高品質DHAを高効率に生産するための技術開発を行っています。
その副産物を利活用したDHAを生産する世界でただ一つの会社として、生産技術の特許を出願しています。

藻類技術で環境問題・経済問題を解決していきます。

世界最大のパームオイル生産国であるインドネシアには、国内に875を超える生産工場があります。これらの工場は、1日当たり455,000MT(m3)(25mプール約910個分)を超える大量の廃液POME(Palm Oil Mill Effluents)を排出しています。大きな環境問題の一つとなっています。POMEは、BOD(生物化学的酸素要求量)値が高く、水質汚染やメタンガス等の温室効果ガス発生の温床となり、重大な環境・経済問題に発展していますが、効果的な解決策が見つかっていませんでした。

そこで、私たちはそれを解決する手段として、微細藻類に着眼しました。
生産工場からの廃液は、藻類生育に必要な栄養源です。藻類が利用することで、BOD値が低減され、水質が改善されます。さらに、藻類から抽出されるDHA含有オイルが、新たな利益をもたらします。

私たちは、藻類によってPOMEを価値あるものに変えていきます。


藻類技術で環境問題・経済問題を解決していきます。


私たちはそれを「パラダイムシフト」と呼んでいます。

インドネシア最大の産業において、パラダイムシフトを起こせるかもしれません。

パームオイル生産会社の主たる収益源が、パームオイルから高付加価値のDHAオイルにシフトすることにより、私たちはその収益増が、環境・経済問題の解決の手助けになると考えています。

パラダイムシフト

MoBiolは、パームオイルの副産物であるByLPOを活用して、藻類由来の高品質DHA含有オイル、PC-DHA(リン脂質DHA)、さらに、魚介類のDHA含量を引き上げる水産飼料や、PC-DHAを含量する鶏卵を生み出す畜産飼料の生産技術を開発しています。

当社の技術は、既存のパームオイル製造プロセスには手を加えません。新たなパームオイルの販売益はそのままに、更にByLPOから、パームオイル自体の数倍の利益を生み出します。

藻類の革新的技術で、

  1. 持続可能な環境保護
  2. 水と大気の清浄化
  3. パラダイムシフト

を実現します。

 

技術開発体制

私たちは、微細藻類に特化したプロフェッショナルな集団です。

筑波大学 藻類バイオマス・エネルギーシステム研究開発拠点(ABES)、一般社団法人藻類産業創成コンソーシアム(AIIC)と協働し、DHAに係わる技術開発を進めています。